So-net無料ブログ作成
検索選択

ネスプ/エスポーが10%台の増収―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)

 協和発酵キリンは4月28日、今年第1四半期決算を発表した。医薬事業の売上高は前年同期比1.1%増の496億円だった。主力製品の腎性貧血治療薬ネスプ/エスポーが合わせて103億円(前年同期92億円)と好調だったほか、二次性副甲状腺機能亢進症治療薬レグパラが19億円(12億円)と伸長した。

 一方、花粉飛散量が少なかった影響で、抗アレルギー薬アレロックが82億円(93億円)、抗アレルギー点眼薬パタノールが35億円(44億円)と前年同期を大きく下回った。営業利益は、研究開発費の減少などにより、87.2%増の96億円となった。

 新薬開発の面では、国内で2月にがん性疼痛治療薬KW-2246、3月に免疫性血小板減少症紫斑病治療薬AMG531の承認申請を行った。

 第1四半期の連結業績は、売上高993億円(1.4%増)、営業利益115億円(328.4%増)、経常利益119億円(279.5%増)、純利益61億円(386.9%増)だった。通期業績予想については、前回(1月29日)公表時から修正していない。




【関連記事】
主力製品ネスプの適応追加を発表―協和発酵キリン
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬
がん性突出痛治療剤を承認申請―協和発酵キリン
久光とがん性突出痛治療剤を共同販売へ―協和発酵キリン
協和発酵キリン、中期経営計画を発表

<愛知5人殺傷>めい殺害容疑で再逮捕 (毎日新聞)
組事務所として使用の市有地の明け渡し命令 大阪地裁(産経新聞)
ひき逃げ?57歳女性死亡 群馬・高崎(産経新聞)
帰化発言で都知事「社民党首を特定してない」(読売新聞)
自民、東京で2人目擁立(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。