So-net無料ブログ作成
検索選択

首相「参院選で信を問う」は国民の声聞く機会(読売新聞)

 菅首相は14日夜、同日の衆院本会議で「参院選で国民の信を問う」とした答弁の真意を「一般的に国民の声を聞く機会」と説明した。

 勝敗ラインを割り込んだ場合の辞任を示唆したとの受け止め方があるためで、この点を問われると「気の早い人だね。まだ(首相就任)1週間目なんだけどな」と笑った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 勝敗ラインに関しては、「6年前、岡田代表(現外相)の頃に躍進した。まずは現有議席をしっかり確保する」と述べた。

<学テ>全員参加方式望む声も 専門家会議が初会合(毎日新聞)
わいせつ送検の前アート社会長恐喝容疑、芸能事務所元代表を逮捕(産経新聞)
大学側の出張費管理にも問題、「新たな仕組み必要」 阪大院不正経理疑惑(産経新聞)
はやぶさ 後継機「2」開発推進へ 参院本会議で菅首相(毎日新聞)
民主・小林議員辞職 国会閉会後 北教組事件で引責(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。