So-net無料ブログ作成
検索選択

首相「参院選で信を問う」は国民の声聞く機会(読売新聞)

 菅首相は14日夜、同日の衆院本会議で「参院選で国民の信を問う」とした答弁の真意を「一般的に国民の声を聞く機会」と説明した。

 勝敗ラインを割り込んだ場合の辞任を示唆したとの受け止め方があるためで、この点を問われると「気の早い人だね。まだ(首相就任)1週間目なんだけどな」と笑った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 勝敗ラインに関しては、「6年前、岡田代表(現外相)の頃に躍進した。まずは現有議席をしっかり確保する」と述べた。

<学テ>全員参加方式望む声も 専門家会議が初会合(毎日新聞)
わいせつ送検の前アート社会長恐喝容疑、芸能事務所元代表を逮捕(産経新聞)
大学側の出張費管理にも問題、「新たな仕組み必要」 阪大院不正経理疑惑(産経新聞)
はやぶさ 後継機「2」開発推進へ 参院本会議で菅首相(毎日新聞)
民主・小林議員辞職 国会閉会後 北教組事件で引責(産経新聞)

菅内閣が今夜発足へ 11閣僚が再任(産経新聞)

 民主、国民新両党による菅連立内閣が8日夜、発足する。菅直人新首相は17人の全閣僚を既に内定しており、同日午後に首相官邸で新内閣の閣僚の呼び込みを行った後に記者会見し、政権運営の基本方針を説明する。その後、皇居での首相任命式、閣僚認証式を経て同日中に新内閣が正式に発足。菅氏は第94代、61人目の首相に就任する。

 国会が開会中であることから、米軍普天間飛行場移設問題を担当する岡田克也外相と北沢俊美防衛相をはじめとする鳩山内閣の閣僚11人を再任させる。

 新任の閣僚6人のうち財務、農林水産両相には、野田佳彦、山田正彦各副大臣が昇格し、官房長官には仙谷由人氏が国家戦略担当相から横滑りする。

 行政の無駄を削減する「事業仕分け」に取り組んだ蓮舫参院議員は行政刷新担当相に就任する。菅氏側近の荒井聡氏は国家戦略担当相に就き、経済財政、消費者行政の担当を兼務する。また、政府と党の「政策一元化」を担保するため、民主党の玄葉光一郎政調会長が入閣し、公務員制度改革や少子化対策などを担当する。

 組閣に先立つ8日午前、菅氏は民主党の役員会に出席し、枝野幸男幹事長らと国会対応や参院選への取り組みについて協議した。

 菅氏は4日に衆参両院で首相に指名されたが、人選を慎重に進めるため、組閣を先送りしていた。この間、同日午前に総辞職した鳩山内閣が5日にわたり職務を執行していた。

【関連記事】
規律派集合、増税に勢い 菅体制、陣容固まる
「安定した人が入閣」 新政権へ宮城知事
菅新体制スタートも小沢氏は雲隠れ 「脱」一色の両院総会
支持率の急回復に沸く民主党 早期選挙論も党内抗争の兆し
産経・FNN合同世論調査 新首相支持率57.3%
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

被害総額は21億円か 未公開株代金詐取容疑で7人再逮捕(産経新聞)
日本漫画家協会が都青少年条例改正に反対声明(産経新聞)
小沢氏辞任で「一定のけじめ」と枝野幹事長(読売新聞)
ジューンブライドって本当!? 岩手めんこいテレビ・大久保涼香アナウンサー(産経新聞)
広島女児殺害事件結審…ヤギ被告、判決は7月(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。